店長日記

2017年5月23日支援野菜活動報告

福島県も気温が上がり真夏日が続いています。私も熱中症に気をつけ、お野菜をお届します。

本日お伺いした仮設

岳下仮設

本日は二本松市岳下住民センター応急仮設住宅(9戸)にお伺いしました。

〇お野菜の紹介

岳下仮設

本日のお野菜は「絹さや」「トマト」になります。

水分を減らし栽培されたトマトはお尻の部分に放射状の筋が出てきます。筋があるトマトの方が糖度が高くなっている可能性が高いのでお店で選ぶ時、是非お尻を見て下さい。

〇活動報告

岳下仮設

こちらの仮設は今年の9月ですべての方が退去することになりました。9月まで行先が決まらない方は一か所の仮設に集約されるそうです。

岳下仮設

こちらの男性は「トマトが沢山ある。嬉しいありがとう」と喜んで下さいました。

代表者の方から「来月退去する方が何人います。人数が少なくなってしまいますが宜しくお願いします」とお話しして下さいました。私達は入居者が少なくなっても、最後まで寄り添っていきたいと思います。

今回ご支援頂いた方々

東京都:1件(9口)

皆様の暖かいご支援ありがとうございます。

                  報告者 鈴木

2017年5月16日支援野菜活動報告

福島の桜も葉桜となり、少しずつ夏が近づいて来ているように感じます。

〇お伺いした仮設住宅

旧平石

今回は旧平石小学校応急仮設住宅(16戸)にお伺いしました。

〇お野菜の紹介

旧平石

今回のお野菜は「スナップエンドウ」「きゅうり」「葉付き大根」です。大根の葉は緑黄色野菜になり、根の部分より栄養が豊富。

ビタミン、カリウム、カルシウム、カロテンなどを多く含んでいます。細かく刻むと使いやすく、食べやすいです。

〇活動報告

旧平石

今回も集会場をお借りして、代表者の方にお野菜をお渡ししました。仮設に残っている方がいらっしゃらないので、お野菜配布を代表者の方にお願いしました。

仮設住宅の今後についてお話を聞かせていただきました。

仮設住宅の期限は来年の3月までですが、浪江町の一部の仮設は9月までで退去となったようです。仮設の入居者が少なくなり何カ所かに集約する予定のようです。

代表者の方も「ここの仮設は3月まで大丈夫らしいのですが、もしかしたら9月で退去になるかもしれない」とお話してくださいました。

次回も仮設の皆様に新鮮なお野菜をお届します。

今回ご支援頂いた方々

大阪府:2件(16口)

全国の皆様の暖かいご支援ありがとうございます。

                      報告者 鈴木

2017年5月9日支援野菜活動報告

4月の終わりに発生した浪江町帰宅困難区域山林火災が全国から駆け付けていただいた、自衛隊、消防隊員の皆様の消化活動により鎮圧できたと報道されました。本当にありがとうございました。

〇お伺いした仮設

杉田住民 

本日は二本松市杉田農村広場応急仮設住宅(10戸)、杉田住民センター応急仮設住宅(6戸)の2カ所です。

〇お野菜の紹介

農村広場

今回おお野菜は「葉付きカブ」「茎立ち菜」「きゅうり」の3種類です。栄養がほとんど無い野菜で有名なきゅうりですが表皮にはカロテンがあり、カリウムも多く含んでいます。カリウムは塩分を排出したり、利尿作用もあり、むくみ解消にも期待できます。

〇活動報告

農村広場 

農村広場仮設からお伺いしました。来て頂いた方には集会場でお野菜を配布し、来られない方の分は代表者の方にお渡ししました。

「月に1回のこの日を楽しみにしています。支援して頂いてありがとうございます」とお言葉をいただきました。

杉田住民

次に杉田住民センター仮設住宅にお伺いしました。こちらの仮設は9月までに全ての方が退去する予定です。

「私は復興住宅が決まり来週引っ越します。ここまで支援していただきありがとうございました」

「私は復興住宅が完成したら、鍵をもらい引っ越しの準備です。入居者が減って寂しいですが、頑張ります」

とお話ししてくださいました。

次回も仮設住宅の皆様に新鮮なお野菜をお届します。

今回ご支援頂いた方々

東京都:1件(2口)

静岡県:1件(14口)

皆様の暖かいご支援ありがとうございます。

                   報告者 鈴木

2017年5月2日支援野菜活動報告

GWに入り他県ナンバーの車を多く見かけました。少しずつですが観光の方も回復しています。会津、中通り、浜通りと観光名所が沢山ありますので、福島に遊びにいらしてください。

〇本日お伺いした仮設

小田部仮設

本宮市小田部応急仮設住宅(11戸)にお伺いしました。

〇お野菜の紹介

小田部仮設

今回のお野菜は「ほうれん草」「サニーレタス」「きゅうり」です。

「ほうれん草」は非常に栄養価の高いお野菜。β―カロテンを多く含み粘膜、皮膚の健康維持に期待できます。赤い根の部分にも沢山の栄養が含まれているので是非こちらも召し上がって下さい。

〇活動報告

小田部仮設 

穏やかな天気の中お野菜を配布することができました。仮設の皆様に喜んでいただきました。

復興住宅が決まり少し落ち着いたが、復興住宅に移った後、うまくやっていけるか不安とお話する方がいらっしゃいました。

「相談できる人が近くにいなくなってしまう事に不安を感じます」とお話していました。私達もできる限り支援していきたいとおもいます。

小田部仮設

「お野菜を持って来て下さるおかげで、お互い顔を合わせる事でき本当に嬉しいです」と仰って下さいました。

私達は少しでも仮設の方の不安を少しでも減らせるように次回も新鮮なお野菜をお届します。

今回ご支援頂いた方々

東京都:1件(11口)

皆様の暖かいご支援ありごとうございます。

                     報告者 鈴木

南相馬での支援野菜配布

南相馬の被災者の方々に支援野菜を配布しました。

支援米南相馬 

まずは、支援野菜130軒分を二本松教会でカリタス南相馬の山田さんに引き渡しました。また、今回はボランティアの方々に召しあがって頂くための「支援米」10kgx3袋もお渡ししました。

ご支援頂いた方々:東京都 3件 80口、静岡県 1件 50口 

支援野菜南相馬

4月26日(水)借り上げサロンでは31人分、お配りしました。(添付写真1枚目)
南相馬では仮設住宅の入居者が減少していく中、借り上げ住宅に住まわれる方は現在も余り変わらない印象です。
顔馴染みになった多くの方から感謝のお言葉を頂いています。『いただいた野菜で今晩のお料理、何にしようかしら。』や
『今度、カリタス南相馬のサロンにも行くね。』などの声をいただきました。

支援野菜南相馬 

4月27日(木)小池原畑第2仮設では32人分、お配りしました。(添付写真2、3枚目)
小池原畑第二仮設では入居期間が一年延長になりましたが、入居者数は激減した仮設の一つです。
先月、玄関先に『今まで野菜、有難う』と書いて下さった方は元気にしているだろうか。
こちらの仮設では見回りをしている仁木さんと阿部さんと共にお配りしていますが『いつも新鮮な野菜、有難う。』や
『レタス大好きなの。』という声をいただきました。

支援野菜眞ごころ

眞こころサロンが寺内第一仮設からカリタス南相馬に場を移し、早1か月。(添付写真4枚目、撮影者・幸田司教さま)
サロン参加者と原町教会に22人分、お配りしました。

支援野菜南相馬初めて野菜配りをする小高南町団地では世話役の井堀さんと20世帯分、お配りしました。(添付写真5枚目)
小高駅から徒歩3分の場所にある南町団地は、全て一戸立て。日当たりが大変良く、花壇や小さな畑が出来る団地です。
皆さん大変喜んで下さり、『来月も楽しみにしているよ。』と声をかけて下さいました。


支援野菜南相馬 支援野菜南相馬

4月28日(金)高見仮設のラジオ体操の皆さんに20人分、お配りしました。(添付写真5、6枚目)
久しぶりに参加したラジオ体操。皆さんお変わりなく、元気な様子でした。『シスターお久しぶりです。』『シスター遊びに来てよ。』など、どこに行ってもシスターは人気者です。

報告者、カリタス南相馬・山田

2017年4月25日支援野菜活動報告

福島では間もなく田植えの時期です。田んぼに水を入れたり、耕したりと田植えの準備が進んでいます。

本日お伺いした仮設住宅は

siennyasai201722

二本松市岳下住民センター仮設住宅です。(10戸)

〇お野菜の紹介

岳下仮設

本日のお野菜は新玉ネギ、ほうれん草、ワサビ菜と3種類

のお野菜です。新玉ネギの

岳下仮設

「葉」の部分がとても柔らかく美味しいと農家さんから教えていただきました。葉付きの新玉ねぎを見かけたら是非お試しください。

〇活動報告

本日岳下仮設では、所沢教会の皆様との交流会が行われていました。そして今回のお野菜は所沢教会の清水様にご支援いただきました。ありがとうございました。

岳下仮設

清水様から岳下仮設の皆様にお野菜をお渡しいただきました。

お野菜配布後、交流会の準備が始まりました。

仮設の人数が減り、集まる事がほとんど無かったので、集まる機会ができとても嬉しいですとお話していました。

今回ご支援頂いた方々

カトリック所沢教会清水様:1件(10口)

本当にありがとうございました。

次回も新鮮なお野菜をお届します。

                      報告者 鈴木

2017年4月18日支援野菜活動報告

二本松市の桜が満開になり今年は少し遅めの開花となりました。

〇お伺いした仮設住宅

旧平石

二本松市旧平石小学校応急仮設住宅です。(14戸)

〇お野菜の紹介

平石仮設

今回のお野菜は「みつば」「茎立ち菜」「長ネギ」の3種類です。

農家さんのご好意で茎立ち菜は柔らかい部分をメインに、長ネギは太く立派な物を準備してくださいました。ありがとうございました。

〇活動報告

平石仮設

こちらの仮設住宅もお仕事、引っ越しの準備、通院などでほとんど方がお留守でしたので代表者の方にお野菜をお渡ししました。

去年までは仮設住宅のイベントでお花見をしていましたが、今年は入居戸数が減ったため、今年は中止になり寂しいです。とお話してくださいました。

平石仮設

お野菜を取りに来て頂いた方と少しお話させていただきました。

私の部落はほとんど方が自宅を壊してしまった。新しく建てるかは分からないが、浪江に戻り元の生活を取り戻したい。おそらく浪江に戻る方は少ないけど・・・とお話してくだしました。

今回ご支援いただいた方々

東京都:1件(14口)

全国の皆様の暖かいご支援ありがとうございました。

次回も新鮮なお野菜を仮設住宅の皆様にお届けします。

                         報告者 鈴木

201/年4月11日 支援野菜活動報告

福島県も少しずつ暖かくなり、桜開花のカウントダウンが始まりました。本日は2ヶ所の仮設住宅にお野菜をお届けしました。

1ヶ所目の仮設住宅は

農村広場

二本松市杉田農村広場応急仮設住宅です。(10戸)

〇お野菜の紹介

農村広場

ほうれん草、春菊、ゆきなの3種類です。

ゆきなはカロテンが豊富な葉物野菜。小松菜の別名として扱われる事もあります。ビタミンCも含み風邪予防にも期待できます。

〇野菜配布活動報告

本日は復興住宅の説明会、通院、お仕事等で仮設住宅に残っている方がいなかったため、代表者の方にお野菜をお渡ししました。

農村広場

仮設住宅が完成した当時は50戸以上の方が入居していました。今仮設に残っている方も前に進むためにがんばっています。私達も微力ながら応援していきます。

2カ所目の仮設住宅は

杉田住民

二本松市杉田住民センター仮設住宅です。(6戸)

杉田住民

仮設住宅の皆様が私の到着を待っていて下さいました。到着と同時にお野菜を配布し写真を撮らさせていただきました。

こちらの仮設の方も復興住宅の入居が決まった方、復興住宅の完成を待つ方と仮設を出る準備をする方がほとんどでした。

7月までにほとんどの方が仮設を退去してしまいますが、最後まで仮設に残る方を支援していきたいと思います。

次回も新鮮なお野菜をお届します。

今回ご支援頂いた方々

新潟県:1件(2口)

静岡県:1件(14口)

全国の皆様の暖かいご支援ありがとうございました。

                       報告者 鈴木

2017年4月4日 支援野菜活動報告

全国の皆様こんにちは。今回からやさい畑スッタフ須藤に代わり、やさい畑鈴木が支援野菜の活動を報告させていただきます。宜しくお願いいたします。

〇お伺いした仮設住宅

小田部仮設

今回は本宮市小田部応急仮設住宅11戸です。

〇お野菜の紹介

小田部仮設

小松菜、茎立菜、みつばの3種類の葉物野菜を配布いたしました。今回は春らしい緑のお野菜を届ける事ができました。

〇お野菜配布

小田部仮設

現在、仮設住宅の自治会は入居者減少のため解散していますが、代表者の方にお野菜をお渡しし、配布していただきました。集会場に直接来ていただい方にもお野菜をお渡ししました。

小田部仮設

浪江町は4月1日から「避難解除準備区域」「居住区制限区域」の避難が解除されました。お話を聞くと今すぐに戻る方は少ないように感じます。

除染はしてあるが放射能の不安

近所の方が戻らない、頼れる方が近くにいない不安

病院がすぐ近くにない不安

野生動物の不安

これ以外にも沢山の不安を抱えた状態では帰る事は難しいと思う方がほとんどでした。

私達はこれからも変わらずに仮設住宅の支援を続けていきます。

今回ご支援頂いた方々

新潟県:1件(11口)

皆様の暖かいご支援ありがとうございました。

次回も新鮮なお野菜を仮設の皆様にお届けします。

                   報告者 鈴木

南相馬仮設への支援野菜配布2017年3月21-22日

南相馬の仮設へ支援野採を配布してきました。
(3月21日)
八方内仮設住宅 30袋
寺内第一仮設住宅 12袋
小池原畑第二仮設住宅 42袋
原町区借り上げサロン 30袋
(3月22日)
小高区西部地区サロン 20袋
原町教会関係被災者  6袋
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
          計 140袋
ご支援下さった方々:東京都 2件120口、大阪府2件20口
いつも福島を忘れずに心にかけて下さって本当にありがとうございます!
八方内仮設八方内仮設住宅
こちらの仮設住宅では、いつも自治会長さんが集会所で待っていてくださいます。野菜配りを通して、仮設住宅の住民さんのお話や、地域のお話をいろいろとしてくださり、私たちもよい交流が出来ています。
「いつも高いお野菜をいただいて、申し訳ない」と言ってくださいましたが、私たちはお野菜をお届けしているだけで、全国各地の支援者やNPO福島やさい畑さんのご支援なのですとお伝えしました。
いつも感謝していますと言ってくださいました。
寺内第一仮設住宅
集会所での、和気あいあいとした手芸活動にお邪魔してお野菜をお渡ししてきました。こちらのサロン「眞こころ」さんがこの集会所で活動できる時間も残り少なくなってきました。久しく通い詰められた集会所にお別れをして、4月からまた新たな場所に移るという折に、野菜配りをしながらお話ができ、良い時間になりました。
小池原畑第二仮設住宅
今日はあいにくの雨でしたが、一軒一軒訪ねました。「いつもありがとうございます。」「雨の中、ご苦労様です!」と、皆さんが心のこもった気持ちのよいご挨拶を返してくださるので、こちらもパワーをもらいます。
仮設住宅の集約が進むこの地区で、こちらの仮設住宅もどんどん住人が少なくなってきています。4月になると15世帯ほど住人が少なくなる予定とのことでした。
あるお家の玄関先に、メモ書きが置かれていました。お留守にも関わらず、行くたびに「いつもありがとうございます!」のメモがあったこのお宅に、今日は「いままでありがとうございました!!」のメモが。このお宅の方もまもなく他の団地に入られるとのでした。
人が減ってしまうのは寂しいような、また新たな場所で新たな生活を始められる希望が感じられるような、なんとも複雑な気持ちでした。
小高サロンの方々
昨年7月に避難指示が解除になった南相馬市小高区に戻ってお住まいになられている方々が対象のサロンで、初めてお野菜を配布しました。
皆さん、喜んでくださっていた様子で、「まあ!お野菜頂けるの?ありがとう」、
「まあ、こんなに!助かるわ~ありがとう!」と口々におっしゃっていました。
借り上げサロンの方々
借り上げ住宅でも徐々に退去者が増えているようで、今回も、参加はこれで最後になるかもしれないという方がいらっしゃいました。そんな中、いつもの顔なじみの方にお野菜を配布しました。
「いつもありがとう」という声や、「こんなに!お母さん(お嫁さん)が喜ぶわ」という声、
そして、「二本松の人によろしくね!」と声をかけてくださった方もいらっしゃいました。
                          (報告者・カリタス南相馬/菊地)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

柳沼似顔絵

皆様、ごきげんよう!店長のやぎちゃんです。

福島の農家さんが丹精込めて作ったおいしい作物をお届けします。くだもの王国、福島!お楽しみ下さい!

店長日記はこちら >>

カトリック二本松教会の信徒のブログ
福島やさい畑~復興プロジェクト ホームページ

ページトップへ