店長日記

南相馬の仮設への支援野菜配布2017.1.25-26

25日と26日の二日間に亘って野菜を配布しました。
25日は、首都圏からボランティア活動に来られた高校生お2人と共に、行いました。
八方内仮設住宅     25袋
寺内第一仮設住宅    14袋
小池原畑第二仮設住宅  48袋
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
            87袋 (1月24日分)
原町区社会福祉協議会借り上げサロン  33袋
高見第一仮設住宅           4袋
教会被災者              16袋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                   53袋 (1月25日分)
ご支援頂いたのは:神奈川県1件 140口
変わらぬご支援を心から感謝申し上げます。助かっています。
八方内仮設住宅
仮設住宅の集会所でのお野菜配りでした。住民の方からは、「前回に続いてありがとうね。」「お野菜はおいしかった」という声をいただきました。
寺内第一仮設住宅
仮設住宅の集会所で行われている、「和みサロン眞こころ」にお邪魔してお野菜を届けました。いつも真剣に手芸活動をされていますが、お野菜をお届けすると、皆さにこにこと笑顔で、「お野菜をいただけるなんてありがたい」と言われていました。
小池原畑第二仮設住宅
こちらは、仮設住宅を一軒一軒回ってのお野菜のお届けです。お留守のおうちには野菜の袋を玄関先に置いておきます。お家にいらっしゃる方とはご挨拶をしています。復興住宅などへの引越しが進んでいるこの仮設住宅で、直接お会いして言葉を交わせるのは嬉しいものです。いつも私たちを案内してくださる見守り隊「絆」の方たちも「野菜を届けてくださって、みなさん喜んでいますよ。」おっしゃってくださいます。
借り上げサロン
月二回のサロンの帰り際にお野菜をお渡しすると、「いつもありがとう!」
と口々に言われ持って帰られていました。
お腰が曲がった女性の方に「重たいのでお気をつけて。」と言って
野菜をお渡しすると、力強く受け取られました。
                       (報告:カリタス南相馬/菊地)

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

柳沼似顔絵

皆様、ごきげんよう!店長のやぎちゃんです。

福島の農家さんが丹精込めて作ったおいしい作物をお届けします。くだもの王国、福島!お楽しみ下さい!

店長日記はこちら >>

カトリック二本松教会の信徒のブログ
福島やさい畑~復興プロジェクト ホームページ

ページトップへ