店長日記

2017年 2月2日 支援野菜活動報告

〇支援野菜お届け先

福島県本宮市小田部応急仮設住宅 17戸

福島県二本松市杉田住民センター応急仮設住宅 12戸

福島県二本松市岳下住民センター応急仮設住宅 18戸

こちらの3ヶ所の仮設住宅へお野菜をお届けいたしました。

〇お野菜のご紹介

syasinn22998

エリンギ 1袋

フリルレタス 1袋

ほうれん草 1袋

〇活動の様子

syasinn2017221

↑ 小田部応急仮設住宅では、今回も路面凍結の為、転倒によるケガなどの安全面を考慮し、自治会長さんから、午後あらためてお渡しするようにいたしました。

syasinn2233

↑ 杉田住民センター応急仮設住宅では、入院されていた自治会長さんが無事に復帰いたしました。

仮設の皆さんも、会長さんの復帰に一安心、こちらの仮設住宅でも高齢者の方が多く、現在12戸の方々にお野菜を、お渡ししておりますが、自治会長さんから、これからのお話しをしてもらったところ、来月3月には10戸程にまで避難されている方は減り、今年の8月頃には約4~5戸にまでなる予定だとお話されました。

こちらの仮設住宅での支援野菜活動は、今年が区切りとなるかも知れない。ともお話いただきました。

syasinn20172255syasinn20172277

↑ 岳下住民センター応急仮設住宅では、今回も自治会長さんが、拡声器を使い、仮設の皆さんに呼びかけして、お野菜を、仮設住宅集会所まで取りに来ていただきました。

写真左側は、我々NPO法人福島やさい畑がお届けした、支援野菜を、仮設のスタッフさんが数量と、野菜をお受け取りに来る人数を確認している様子です。

写真右側は、支援野菜をお受取りに来た仮設の皆さんが、この支援野菜活動報告の写真に、笑顔で応えてくれた1枚です。

今でも、支援野菜活動で、どの仮設住宅に避難されている皆さんから、「いつもありがとう!」という言葉をいただきますが、今では支援野菜活動で出来た、避難されている皆さん同士との繋がりと、「元気な姿を支援いただいた皆様に見せたい!」

そのような思いもこもった写真と、この言葉もお伝えさせていただきます。

〇今回ご支援いただいた皆様のご紹介

神奈川県 1件 47口

合計 1件 47口

今回は仮設の皆さんの、現状と、いつもご支援いただく皆様へのお気持ちをお伝えさせていただきました。

そして、支援野菜活動も今年で、区切りとなる場所も出て来るとは思いますが、次回も新鮮なお野菜をお届け出来れば、との思いであります。

報告者 須藤

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

柳沼似顔絵

皆様、ごきげんよう!店長のやぎちゃんです。

福島の農家さんが丹精込めて作ったおいしい作物をお届けします。くだもの王国、福島!お楽しみ下さい!

店長日記はこちら >>

カトリック二本松教会の信徒のブログ
福島やさい畑~復興プロジェクト ホームページ

ページトップへ