店長日記

201/年4月11日 支援野菜活動報告

福島県も少しずつ暖かくなり、桜開花のカウントダウンが始まりました。本日は2ヶ所の仮設住宅にお野菜をお届けしました。

1ヶ所目の仮設住宅は

農村広場

二本松市杉田農村広場応急仮設住宅です。(10戸)

〇お野菜の紹介

農村広場

ほうれん草、春菊、ゆきなの3種類です。

ゆきなはカロテンが豊富な葉物野菜。小松菜の別名として扱われる事もあります。ビタミンCも含み風邪予防にも期待できます。

〇野菜配布活動報告

本日は復興住宅の説明会、通院、お仕事等で仮設住宅に残っている方がいなかったため、代表者の方にお野菜をお渡ししました。

農村広場

仮設住宅が完成した当時は50戸以上の方が入居していました。今仮設に残っている方も前に進むためにがんばっています。私達も微力ながら応援していきます。

2カ所目の仮設住宅は

杉田住民

二本松市杉田住民センター仮設住宅です。(6戸)

杉田住民

仮設住宅の皆様が私の到着を待っていて下さいました。到着と同時にお野菜を配布し写真を撮らさせていただきました。

こちらの仮設の方も復興住宅の入居が決まった方、復興住宅の完成を待つ方と仮設を出る準備をする方がほとんどでした。

7月までにほとんどの方が仮設を退去してしまいますが、最後まで仮設に残る方を支援していきたいと思います。

次回も新鮮なお野菜をお届します。

今回ご支援頂いた方々

新潟県:1件(2口)

静岡県:1件(14口)

全国の皆様の暖かいご支援ありがとうございました。

                       報告者 鈴木

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

柳沼似顔絵

皆様、ごきげんよう!店長のやぎちゃんです。

福島の農家さんが丹精込めて作ったおいしい作物をお届けします。くだもの王国、福島!お楽しみ下さい!

店長日記はこちら >>

カトリック二本松教会の信徒のブログ
福島やさい畑~復興プロジェクト ホームページ

ページトップへ