店長日記

2017年5月9日支援野菜活動報告

4月の終わりに発生した浪江町帰宅困難区域山林火災が全国から駆け付けていただいた、自衛隊、消防隊員の皆様の消化活動により鎮圧できたと報道されました。本当にありがとうございました。

〇お伺いした仮設

杉田住民 

本日は二本松市杉田農村広場応急仮設住宅(10戸)、杉田住民センター応急仮設住宅(6戸)の2カ所です。

〇お野菜の紹介

農村広場

今回おお野菜は「葉付きカブ」「茎立ち菜」「きゅうり」の3種類です。栄養がほとんど無い野菜で有名なきゅうりですが表皮にはカロテンがあり、カリウムも多く含んでいます。カリウムは塩分を排出したり、利尿作用もあり、むくみ解消にも期待できます。

〇活動報告

農村広場 

農村広場仮設からお伺いしました。来て頂いた方には集会場でお野菜を配布し、来られない方の分は代表者の方にお渡ししました。

「月に1回のこの日を楽しみにしています。支援して頂いてありがとうございます」とお言葉をいただきました。

杉田住民

次に杉田住民センター仮設住宅にお伺いしました。こちらの仮設は9月までに全ての方が退去する予定です。

「私は復興住宅が決まり来週引っ越します。ここまで支援していただきありがとうございました」

「私は復興住宅が完成したら、鍵をもらい引っ越しの準備です。入居者が減って寂しいですが、頑張ります」

とお話ししてくださいました。

次回も仮設住宅の皆様に新鮮なお野菜をお届します。

今回ご支援頂いた方々

東京都:1件(2口)

静岡県:1件(14口)

皆様の暖かいご支援ありがとうございます。

                   報告者 鈴木

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

柳沼似顔絵

皆様、ごきげんよう!店長のやぎちゃんです。

福島の農家さんが丹精込めて作ったおいしい作物をお届けします。くだもの王国、福島!お楽しみ下さい!

店長日記はこちら >>

カトリック二本松教会の信徒のブログ
福島やさい畑~復興プロジェクト ホームページ

ページトップへ