店長日記

2017年6月13日支援野菜活動報告

仮設に向かう道中、ナスやピーマンの苗が大きくなっているのが見えました。間もなく夏野菜が全盛期をむかえます。これから楽しみです。

本日お伺いした仮設

杉田農村仮設

二本松市杉田農村広場応急仮設住宅

杉田住民

二本松市杉田住民センター応急仮設住宅の2カ所にお伺いしました。

〇お野菜の紹介

農村仮設

本日のお野菜は「きゅうり」「新玉ねぎ」「スナップエンドウ」の3種類です。

新玉ネギは水分量が多く痛みやすいお野菜。日の当たらない風通しの良い場所で保存すると長持ちします。用途が限られてしまいますが細かく刻んで冷凍もおすすめです。

農村仮設

農村広場仮設住宅の代表者にお野菜をお渡ししました。「私達被災者を忘れずに支援していただき、とても心強くここまで頑張れました」とお話してくださいました。

杉田住民仮設

杉田住民センター仮設住宅は今回が最後のお野菜配布です。来月にはすべての方が退去する予定です。

今回は残っている方全員がお野菜を取りに来て下さいました。

「ここまで支援していただいてありがとうございました。」

「お野菜配布のおかげで明るくなれました」

「入居世帯が少なくなっても最後まで継続してくださりありがとうございました」

「仮設の仲間とは離れてしまいますが、前に進んで行きます。ありがとうございました」

仮設の皆様から感謝のお言葉をいただきました。

今回ご支援頂いた方々

東京都:1件(16口)

皆様の暖かいご支援ありがとうございました。

                 報告者 鈴木

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

柳沼似顔絵

皆様、ごきげんよう!店長のやぎちゃんです。

福島の農家さんが丹精込めて作ったおいしい作物をお届けします。くだもの王国、福島!お楽しみ下さい!

店長日記はこちら >>

カトリック二本松教会の信徒のブログ
福島やさい畑~復興プロジェクト ホームページ

ページトップへ